『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは

『資金計画』とは?(「返済計画」編」)2022.03.13

「家は人生で一番高い買い物」と言われるように、住宅購入では、数千万円という大きなお金が必要となります
その大きなお金(資金)をどのように調達し、どのように払っていくか考えていくことが資金計画です

資金計画の目的は「物件を買うため」だけでなく、買った家に暮らしながら、自分や家族が描くライフプランをしっかりと実現することです

資金計画は「調達計画」、「支払計画」、「返済計画」にわけて、長期的視野で考えることが大切となります

今回は、「返済計画」に付いてのお話しをさせていただきます

 

 

住宅ローンを組んだ後、返済は30年や35年と長期間にわたります
住宅ローンの資金計画は「借りること」も大切ですが、より大切なのは『無理なく完済すること』です

次の内容を「住宅購入前」に考えておきましょう
以下は、住宅ローンの返済と同時に必要なライフイベントの一例です

繰り上げ返済計画とそのための貯蓄計画
修繕・リフォーム計画とそのための貯蓄計画
子供の教育費の支払い計画とそのための貯蓄計画
老後の生活費の計画とそのための貯蓄計画
固定資産税、不動産取得税などの納税(賃貸生活ではなかった負担)
以上の順番で検討することが「正しい資金計画」といえると思います

「老後破産」に陥らないためにも、住宅購入の際には30年や40年後の未来を見据えて計画しましょう

最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ