「家づくりにおいて⼤切なこと」とは

やまぎわの高性能リノベーション【Re.住まいる】2022.12.05

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
山際建設の高性能リノベーション住宅を【Re.住まいる】と名付けました 『Re.』は、リフォームやリノベーションという意味もありますが、Remember(思い入れ)、Remind(思い出させる)、Reborn(再生)という意味もあります 又、『住まいる』は、我が家(住まい)とSmile(笑顔)

「高性能リノベーション」って誰でも(どの建築会社でも)出来るの?2022.11.23

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
最近、今の古い家を建て替える、もしくは、土地を購入して新築住宅を建てる、だけではなく、色々なご事情(建築費用以外に造成工事費用が多大に掛かってしまう、建て替えが法規上出来ない、古いお家に思い入れがある、新築の予算では厳しい、等々)で、今の家を高性能なリノベーションをしたい、中古住宅を購入して高性能な

『新築・建替え』or『リノベーション』どっち?2022.11.22

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
家づくりを考える上で、今の古い家を解体して「建替え」、土地を購入して「新築」が良いのか? 今の家をインスペクション(住まいの健康診断)と耐震診断及び耐震補強を施し、気密・断熱性能も上げる「高性能リノベーション」、中古住宅を購入して、やはり、インスペクション(住まいの健康診断)と耐震診断及び耐震補強

『住宅ローン控除』を受けるには、どうすればいいの?2022.09.02

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
『住宅ローン控除』とは、個人が住宅ローン等を利用して、マイホームを購入、または省エネやバリアフリーなど特定の改修工事をした際に、一定の要件を満たすと、年末のローン残高に応じて「税金が還ってくる」制度のことです 入居した翌年の、確定申告による手続きが必要です!! 住宅ローン控除は、入居

【リ・バース60】とは?2022.08.09

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
【リ・バース60】とは、金融機関が住宅取得などの際に資金を必要とする満60歳以上のお客さまに対し、次の内容の住宅ローン【リ・バース60】を融資する制度です 【リ・バース60】の特徴 住宅金融支援機構と提携している 民間金融機関が提供する住宅ローン 満60歳以上

「今のお家の強さって、ご存じですか?」2022.08.07

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
今のお家の強さが、築年数によって予測ができますので、ご説明したいと思います ・1950年以前に建築された住宅は、コンクリート基礎でない可能性が高く、また、構造物の筋交いに金物を使用しておらず、釘で固定されていた可能性が高いです ・1971年以前に建築された住宅は、底盤の無いコンクリート基

【家づくりの種類って?】2022.07.17

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
①建替え ②土地を購入して新築 ③分譲住宅を購入 ④今の家をリフォーム(リノベーション) ⑤土地と中古住宅を購入してリフォーム(リノベーション) 家づくりの種類は、大きく分けて上記の5種類になるのかなと思います そしてこの5種類は、新築住宅と既存住宅のリフォーム(リノベーション)

「スーパーウォール工法リフォーム」とは2022.07.13

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
断熱リフォームで、新築同様の暖かさを実感できる、「スーパーウォール工法リフォーム」とは 日本の家のおよそ90%が現行省エネ基準に満たない、断熱性能の足りない住宅です スーパーウォール工法リフォームは、今ある住まいを、一棟まるごと断熱改修することによって高性能住宅化できます

「新築住宅」と「中古住宅」どちらを選ぶべき? 中古住宅のメリット・デメリットとは?2022.07.09

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
マイホームの購入と言っても、人によってこだわりや条件は違ってきます 自分にあった条件のマイホームを購入するには「新築住宅」と「中古住宅」どちらが良いのか迷います 今回は、「中古住宅」のメリットとデメリットをまとめてみましたので、参考にしてください 「中古住宅」のメリット

「ホームインスペクション(住宅診断)」とは? Part52022.06.02

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
◇ホームインスペクションを行う際の注意点 ホームインスペクションで注意すべき点としては、依頼する会社や診断内容によって費用に差があることです 費用を抑えたい場合は、ホームインスペクションを行わないという選択もありますが、購入前に住宅の状態を知り、購入後のコストを調べておくことは大切なことです

「ホームインスペクション(住宅診断)」とは? Part42022.06.01

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
◇ホームインスペクションの費用は誰が支払う? ホームインスペクションの費用は、売主と買主のどちらかが負担することになります 購入する際の判断材料として買主が負担したり、住宅の売主が不動産会社の場合は、不動産会社が費用を負担してくれたりするケースもあります 売主である不動産会社がホームインス

「ホームインスペクション(住宅診断)」とは? Part32022.05.31

『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは
◇ホームインスペクションのメリット・デメリット ホームインスペクションのメリットは、専門家の調査によって建物の状態を確認でき、安心して購入の判断ができる点です 中古住宅の購入後のリフォームやメンテナンスの予定を立てやすくなります ホームインスペクションの結果、問題ないと判断された住宅は、既