『家づくり』アカデミー・「家づくりにおいて⼤切なこと」とは

『資金計画』とは?(「支払計画」編」)2022.03.12

「家は人生で一番高い買い物」と言われるように、住宅購入では、数千万円という大きなお金が必要となります
その大きなお金(資金)をどのように調達し、どのように払っていくか考えていくことが資金計画です

資金計画の目的は「物件を買うため」だけでなく、買った家に暮らしながら、自分や家族が描くライフプランをしっかりと実現することです

資金計画は「調達計画」、「支払計画」、「返済計画」にわけて、長期的視野で考えることが大切となります

今回は、「支払計画」に付いてのお話しをさせていただきます

 

 

新築マンションや建売住宅の購入であれば、基本的に売主に一括で支払いますが、土地を購入して住宅を建築する場合や、中古マンションを買ってリノベーションする場合などでは、支払いが数回にわたります
したがって、その時々でお金を支払えるように準備が必要となります

つまり、都度支払いに対応できるように、住宅ローンを銀行から融資してもらうスケジュール調整が欠かせませんが、これが「支払計画」となります

次のタイミングまでに、必要とされる金額を「自己資金額」や「住宅ローン」もしくは、「つなぎ融資」を使って用意します

いつまでに、いくら必要なのかを以下に挙げますので参考にしてみてください

新居へ引っ越す前に支払うお金とタイミング
土地売買契約時・・・・・・[土地手付金]
土地決済時・・・・・・・・[土地決済金]
工事請負契約時・・・・・・[建物契約金]
工事着工時・・・・・・・・[着手金]
工事中間時(上棟時) ・・[中間金]
完成引き渡し時・・・・・・[建物残金]
なお、売主側の条件によって支払う回数は異なりますので、確認する必要があります

最新記事

  • カテゴリー

  • アーカイブ