社長ブログ

「ハウスメーカー」と「工務店」の違いとは?2021.09.09

 

皆さんは、

「ハウスメーカー」と「工務店」は

何が違うのか、

お分かりですか?

 

先ずは、

インターネット等で調べたところ、

基本的なことですが、

それぞれの特徴として、

「ハウスメーカー」
①企業規模、施工エリア
全国や広いエリアに支社や支店など営業拠点を置き、施工エリアも全国
②プランの自由度
家族構成やライフスタイルに合わせたバリエーションの用意は多いが、プランや設備に制約ある
③施工の精度
建築部材を工場生産する割合が高いため、均一な品質が保たれやすい
④アフターメンテナンス
定期点検や無料修理の範囲など、会社によって細かく決められている

「工務店」
①企業規模、施工エリア
ハウスメーカーに比べると小規模で、施工エリアは地域密着型
②プランの自由度
自由度は高い、また、希望の設備や内装材、間取りを実現しやすい
③施工の精度
現場で施工する職人によって、品質が左右される
④アフターメンテナンス
点検や修理などメンテナンスは会社によって対応が違う

以上、十数年ハウスメーカーで勤めていた私も、ほぼその通りかなと思います

 

 

私は良く

ハウスメーカー」と「工務店」の違いを、

革のバック』に例えます

どんな革のバックが、

品質も良くデザインも良いのか

良く分からない場合は、

ヴィトンとかグッチの、

いわゆるブランド品を購入する方が

多いと思います

(勿論、最初から

そのブランドのファンという方も、

沢山いると思います)

また、

よりこだわった一点ものをお求めの方は、

例えば、

大手ではありませんが土屋鞄製造所さんの、

品質もデザインも良い

『手づくり製品』を購入します

(私も土屋鞄さんのペンケースを

愛用しています)

これを『家づくり』に置き換えた場合、

品質も良くデザインも良い家をつくりたいが、

どこで実現出来るのか分からない場合は、

安心感もある「家のブランド」が沢山集まっている

住宅展示場に足を運ばれます

また、家づくりをお考えの方が、

ご親戚や会社の同僚等に

「地域密着の工務店も良いよ」

と聞いた場合には、

その工務店のホームページを見て、

自分たちが描いている家づくりを

叶えられそうだと思った場合には、

工務店に足を運ばれます

 

私は、

最初から「ハウスメーカーのファン」でない場合は、

最初にご説明させていただいた、

それぞれの特徴や違いをご理解いただき、

「ハウスメーカー」と「工務店」の両方を

比較検討していただき、

ご判断していただいた方が、

より良い家づくりが出来るのかな

と思っています