『家づくり』アカデミー・暮らし

山際建設のSDGs「山DGs(サンディーズ)」に付いて2021.11.10

山際建設では、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までの国際目標で、持続可能な世界を実現するための17のゴール169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っている『SDGs』に共感し、地域に根差した工務店として、その実現に日々取り組んでおります

 

 

山際建設では主に4つの取り組みにまとめ、

 

 

一つ目は、『健康で経済的な暮らしと持続可能な循環を生む家』として、お客様の家づくりクオリティを守るため、竣工後に取り替えることのできない部位(躯体や窓など)は、こだわりを持って高性能仕様をご提案しております また、新築住宅に於いて全棟高性能なスーパーウォール工法にて建築させていただいております

 

二つ目は、『お客さまとの出逢いを生涯のお付き合い』と捉え、お客様の「こだわり」を実現することは勿論のこと、お客様の健康を考えて「無垢の床材」を標準仕様とし、また、「丈夫で経済性を重視した家づくり」を心掛けております そして、お客様のお住まいの「家守り」として、年に一回の「定期点検」を行なわせていただいております

 

三つめは、『自社大工とともに、1棟1棟を真剣にそして大切に』家づくりに取り組んでおり、「社員大工」として伝統技術を継承しつつ、より高い技術力にて家づくりをしております また、お客様の材料を無駄なく使い、端材が発生することを最小限に抑えますことを常に意識しております

 

四つ目は、『川口市の「家守り」として地域貢献できること』に社員一同誇りを感じ、工事現場で発生した端材を使用した「木工教室」を開催したり、川口市主催の「商工まつり」に毎年出展させていただき、地域の皆様に喜んでいただけるよう地域に根差した工務店として、微力ながら貢献させていただいております

以上、『SDGsの考え』に基付き、これからも社会活動を続けて参ります