社長ブログ

「色」(キーカラー)のある活動的な空間2008.02.02

 好きな色に囲まれて暮らすのは楽しいものですね。しかし、どんな色も背景の色や取り合わせる色との比率により印象が違ってきますし、又材質によってもずいぶん印象が違ってきますので、慎重に決めましょう。住宅の場合は、ソファや椅子、タオルなどのインテリアに好きな色をふんだんに使用し、交換のできない建築部分には背景となるような色を使う方が得策です。モダンな雰囲気には白、ちょっと日本的な雰囲気を出したいときには薄い土色というように、背景には軽い色を選んだ方が自由度が増します。
[例]奥様の一番好きな黄色を一番長く過ごす キッチンに 使いました。「色」(キーカラー)のある活動的な空間
家の中心にあるキッチン、 扉の色は奥様のイメージカラーで製作しました。(川口市I様邸)
どんな色が好きですか?
 ・・ranking・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様と共に“感動できる家づくり”を目指す山際建設のホームページもご覧下さい。! 山際建設