社長ブログ

95%以上の人が「土地の地盤評価を知りたい」2016.02.21

LIXIL住宅研究所(東京都江東区)は、

住まいのリスク回避に関する調査」の結果を発表しました。

95%以上の人が「土地の地盤評価を知りたい」と答え、

地盤に対する興味が高いことがわかりました。

images

全国の既婚男女8000人を対象に

「住まいの購入に関する調査」を実施し


「一戸建てに住みたい」「現在の住まいをリフォームしたい」

と回答した500人に聞いたものです。

また、知っているハザードマップについての質問には、

半数以上が「洪水・河川氾濫・水害」をあげ、

次に「防災マップ」「津波・高潮」と続きました。

一方、参考にしたいと思うハザードマップについては、

1位は同じ「洪水・河川氾濫・水害」となったが、

2位は「地震」、

3位は「土砂災害」となり、

知名度が低いにも関わらず上位に入る結果となりました。

無題

「将来一戸建てを建てたい(現在賃貸)」、

もしくは

「現在の住まいとは別の場所に一戸建てを購入したい(現在一戸建て)」

という人に、

重視する条件を質問したところ、

土地については「利便性」(67.8%)を、

住まいに関しては「耐震性」(55.3%)を

重視するという回答が得られました。