社長ブログ

「深夜に無呼吸」2016.02.17

私は太っているせいか、

寝ている時に無呼吸状態になってしまう

睡眠時無呼吸症候群」ですが、

以前、耳鼻咽喉科の先生に診てもらい

CPAP(シーパップ)という機械をお借りしました。

12ph_01

CPAP(シーパップ)とは、

睡眠時に無呼吸状態になりそうな時に

強制的に酸素を送り込む機械ですが、

夜中に無意識に外してしまったり、

部品がすぐに壊れてしまったりと、

月5,000円(年60,000円)のリース料を払う割りには、

ほとんど効果が見られませんでした(多分)。

ところがつい先日、

ある雑誌を見ていると、

ナステント クラシック』なる

睡眠時無呼吸症候群対策の器具を見つけました。

DSC_2438-3

これは、

夜寝る前に片方の鼻にチューブを差し込み、

固定をして気道を確保する器具だそうです。

早速購入し、昨晩就寝前に試してみました。

右鼻用の長さ13cmのソフトタイプですので、

本当に入るのかな~」と思いつつ

おっかなびっくり右鼻にチューブを押し込んだのですが、

痛くて入りません。

しょうがないので、

左鼻に差し込んでいったところ

何とか入っていきます。

涙と鼻水をこらえながら、

最後に金具を鼻に引っ掛けて装着を完了しました。

夜中に一度外れてしまいましたが、

また付け直し朝を迎える事が出来ました。

起床時、

昨日までより頭がすっきりしている気がします。