社長ブログ

私たちは『見立て人(びと)』2015.08.20

先日テレビである芸能人が、

見立てが良い』という話しをしていました。

気になったのでこの『見立て』という言葉を調べてみると、

見て良し悪しを決めること。

また、見て物を選定することだそうです。

そう言えば、

洋服屋さんに「洋服の見立てをしてもらう」や、

お医者さんの診断で、

「医者の見立てが違う」 などの言葉を使います。

又、『見立る』とはある意味、

「見る目が良い」、「センスがある」、「見極められる」

という意味にもなると思います。

そう考えると、あらゆる職業の人に

この『見立』が必要とされるのではないでしょうか?

例えば、

八百屋さんはおいしい野菜を見立なければなりませんし、

魚屋さんはおいしい魚を見立なければなりません。

又、

車屋さんは性能の良い車を見立なければなりませんし、

保険屋さんは良い保険を見立なければなりません。

そう考えると、すべての働く人は

見立て人(びと)』になるのではないでしょうか?

51kPUypRn8L__SY344_BO1,204,203,200_

わたしももっともっとお客様の為に、

「見る目を磨き」、

「物を見極める力を養い」、

「センスを身に付け」、

お客様の色々な相談に

『プロの見立て人(びと)』として対応できるよう、

一層の努力をしていくつもりです。