社長ブログ

「金継ぎ」と「リフォーム」に付いて2021.11.25

金継ぎ(きんつぎ)とは、

割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を

漆によって接着し、

 

 

金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法です

金繕い(きんつくろい)とも言います

 

 

私はTVで、この「金継ぎ」の記事を見ていて、

綺麗に修復して、機能を取り戻す』ことは、

私どもが生業(なりわい)としている

リフォーム」と共通点があるなと感じました

 

普通では「ゴミ」になってしまう物を「再生」し、

「再利用」することは、『資源の再利用』にもなり、

今までとはまた違うテイストになり、

綺麗に生まれ変わりますので、

機会があれば、

私も是非トライしたいと思いました!