社長ブログ

「発想は無限」2021.03.27

 

非常に面白い発想で、家づくりに取り組んだ事例がありましたので、ご紹介します

 

 

建築家、藤野高志さんが設計した通称「ケーブルカー」とい言われるそうです(この形を見たら、他の名前は思いつきませんよね)
家の中に、階段ではなく「坂」があることでも大きな話題となった住宅だそうです

長さは23mあるのに、幅は僅3.6m。しかも左右で、2mある傾斜地に建っているので、その敷地の個性を感じられるように、内部に坂を作ったそうです

『事実は1つ、解釈は無数』という言葉がありますが、「この凝り固まった頭」を何とかしなければなりませんね 😅

発想を変えると、「こんな楽しい家」が出来るんですね!