社長ブログ

監理技術者講習受講2012.12.12

昨日は、「監理技術者講習」を受講してきました。
 

PC110065.jpg
 
建設業の許可の要因として、
建設工事の請負契約の適正化を計り、
発注者を保護するために、
建設業者は営業所ごとに
専任の技術者を置かなければならず、
又、建設業の許可を受けている建設業者は、
請け負った工事を施工する場合は、
請負金額の大小に関係なく、
工事施工の技術上の管理をつかさどるものとして、
工事現場に元請、下請にかかわらず、
必ず主任技術者を配置しなければなりません。
又、発注者から直接工事を請け負い、
3,000万円(建築一式工事の場合は4,500万円)以上を
下請契約する場合は、
主任技術者にかえて監理技術者を配置しなければなりません。
 

簡単に言うと、
「大規模な下請工事契約を結ぶ場合は、
監理技術者が必要」ということです。
(基本的には、
1級施工管理技士もしくは1級建築士しかなれません。)
   
この資格は5年更新で、
初回の資格者証登録が平成9年でしたので、
3回目の更新となります。
    

普段は住宅建設に携わっていることが多いのですが、
この監理技術者講習の内容は、
「建設産業を取り巻く社会、経済情勢」、
「建設工事に関わる法律・制度の動き」、
「建設工事の技術上の管理」、
「品質管理、安全管理及び環境管理」、
「最近の建設技術動向」等、
普段はあまり接したり目にしない内容ばかりで、
非常に勉強になりました!
(ただ、最後の試験はありがたくなかったです。)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・ranking・・・
   【もし少しでも共感していただけましたら、「よしっ!」のポチッとお願いします】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『家族みんなが幸せに暮らせる家づくりを目指す』
山際建設のホームページをご覧下さい

alt=川口市の工務店、山際建設
 不動産の事なら【ERAヤマギワ】まで・・・