社長ブログ

不易流行 その二2010.09.02

住まいにおける『不易(ふえき)』の部分としては、
先ほど挙げたローカルなもの・ことがまずあります。
   
地域の技術や文化、
そのベースとなってきた地域の気候風土や素材。
  

これらを大事にしながら、最新の技術や現代の感性を盛り込む。
ローカルな技術を『科学』で解きほぐし普遍化する、
合理化する。これが『流行(りゅうこう)』のイメージです。
 

 住まいの『不易』=変わらないこととして、
暮らしの豊かさや家族で過ごす時間の楽しさ、
安心、快適、健康も忘れてはいけないでしょう。

いい家』の目的・ゴールはここにあるべきですし、
ここにつながらなければどんな優秀な技術を持っていても
それは自己満足に過ぎません。

ただ、すべてを顧客に合わせる必要はありません。
自社として、自分として譲れない部分、
社会的な要求に応える部分=標準仕様は『不易』とし、
顧客にフレキシブルに合わせる『流行』の部分と
しっかり分ける。

これも家づくりにおける
不易流行』のひとつの考え方だと言えます。
 
 
・・ranking・・・
   「相変わらず苦戦しております。お情けのポチッとお願いします!」