社長ブログ

犬の前立腺肥大2010.07.06

昨晩仕事を終え帰宅すると、レオ(ベットの犬)が元気なく震えて座り込んでいました。夜おそかったですが、行き着けの動物病院に連絡をしたところ、院長先生が診てくれるということでしたので、急いで連れていきました。前立腺肥大はオス犬の精子等のホルモンがたまってしまうことによりおこるそうです。以前にもなっており、何回もつづけると腫瘍等になってしまうそうです。妻と息子と相談し、そうならないように、去勢手術をしてもらうことに決めました。レオのジュニアの顔はもう見れませんが、死にはかえられません。