お知らせ

新築注文住宅では、『ハイブリッド工法』をお勧めします2018.01.15

 

 

新築注文住宅の構造体で

 

全ての接合部に金物を使う

 

「オール金物工法」

 

(積水ハウスのシャーウッドと同じ)

 

が本来はベストですが、

 

当然費用も上がってしまう為、

 

オール金物工法が無理な場合でも

 

通し柱だけ接合金物を使う

 

ハイブリッド工法』をお勧めします。

 

 

 

 

 

従来の一般的な木造在来軸組工法では、

 

柱と梁の仕口加工として、

 

通し柱に最低でも二方向以上の彫り込み

 

断面欠損)行なわれ、

 

等身大の家の巨大地震実験で

 

その部分がことごとく折れてしまいます。

 

その様ことが起こらないように、

 

通し柱だけでも接合金物を使う

 

『ハイブリッド工法』を是非お勧めします。