社長ブログ

コリントゲーム2008.06.28

 手前側に傾いた盤上に釘を打ち、また穴を設け、ここに球を打ち出す遊戯です。球が釘に当たって様々な方向に落ちていくのが面白いです。途中で穴に入るなどの工夫があります。昭和初期に大流行したそうです。
 パチンコの原型と考えられていたが、パチンコは欧米の「ウォールマシン」が原型という説が有力だそうです。
 発祥は欧米で、バガテル(Bagatelle)、フォーチュナ(Fortuna)という名称で知られているそうです。日本には昭和初期に輸入され、小林脳行が「コリン」という名称で販売したそうです。この「コリン」は小林の読み方を変えたものと言われており、また、当時最後に「ト」を付けると流行ると言われたことから「コリントゲ-ム」という名称を付けたと言われています。
 一見外国での名称のようだが、コリントゲームは日本だけの名前だそうです。 日本では小林脳行に続き、1933年、花山ゲーム研究所(現、ハナヤマ株式会社)がプーレー(Poolette)という名称で発売したそうです。
 今年の夏休み子供木工教室では、子供たちに「手づくりのコリントゲーム」を作ってもらおうと思っています。
コリントゲーム1コリントゲーム2
     
     
コリントゲーム3コリントゲーム4
 ・・ranking・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お客様と共に“感動できる家づくり”を目指す山際建設のホームページもご覧下さい。! 山際建設