社長ブログ

「松下村塾」見学2016.06.27

先週の金曜日から昨日まで、

用事があり福岡県博多に行ってきました。

何故か宿は博多ではなくJR新山口駅近くでしたので、

昨日は長州萩城下の見学に行きました。

無題
本物の「松下村塾」見学

images
近くの道の駅で、「松下村塾」が再現されてました

松下村塾(しょうかそんじゅく)は、

江戸時代末期(幕末)に、

長州萩城下の松本村(現在の山口県萩市)

に存在した私塾である。

吉田松陰が同塾で指導した

短い時期の塾生の中から、

幕末より明治期の日本を主導した

人材を多く輩出したことで知られる。

高杉晋作、久坂玄瑞は、

「識の高杉、才の久坂」と称され、

「松下村塾の双璧」と呼ばれたそうです。

末弟子の伊藤博文、山縣有朋は

明治新政府の首脳となり

明治期の日本を担いました。

そして、

桂小五郎(後の木戸孝允)は

塾生ではないものの、

明倫館時代の松陰に

兵学の教えを受けているそうです。

「非常に刺激を受けました!」