スタッフブログ

『どでん』派 究極のモンブランを食べる2015.09.21

 
不動産部前島でございます。

東京の武蔵野市の「エスプリ・ドゥ・パリ」さんで

売っております

「究極のモンブラン」を購入しました。

DSCN6155


DSCN6157

DSCN6160

以前、お店の前を通った時に、

宣伝ポスターを見た瞬間心を奪われました。

DSCN6110

DSC_0534

「とうとう、究極のモンブランに出会ってしまった…」

別に探していた訳ではないのですが、

そう思わせるものがありました。

実物を見た最初の印象は「小さいな…」でした。

「すぐに食べ終わってしまいそうだ…」とも思いました。

しかしながら、持ってみるとちょっと重いと感じます。

味の方は大変濃厚で、これでもか、これでもかと

栗が口の中で広がります。

これまで食べたモンブランとは一味も二味も違いました。

これからは、『どでん』派改め、

『エスプリ・ドゥ・パリ』派でいこうと思います。

いや、でも、ちょっと長いので、

やっぱり『どでん』派のままでいこうと思います。

あっ、でも、あの三浦カズさんが、

フランスワールドカップの時に、

代表メンバーから外されて帰国した際、

「魂みたいなものはフランスに置いてきた」

と言ったように

わたくしも、魂みたいなものは

『エスプリ・ドゥ・パリ』さんにあります。

う~ん、いや、まだ一回しか食べてないし、

そこまでないかも知れないので、

やっぱりわたくし、『どでん』派です。