スタッフブログ

造作家具図面2020.06.13

おはようございます。

山岡です。

 

 

最近は、お客様との打ち合わせで、要望や、今あるモノを収納する大工さん手作りの造作家具を製作するための図面を描いています。

 

 

既製品で売られているのに比べ、職人が手作りするので、コストは割高です。

 

しかし、本当に自由度が高い、

 

例えばカウンターをつけてほしい、

 

というご要望であれば、パソコンは使うのかな、とか何をされるのか打ち合わせて、コンセント位置まで設計していきます。

 

例えば

・・・某お客様が望んでいらっしゃったコックピット

(専門用語として上司とお客様の打ち合わせなされていました、それまで??でしたが、お客様の意図がわかりましたので

お~なるほど、と、、、、)とか、

 

ブルックリン風のキッチン(既製品を改造してのご提案です。)とか、、

 

こだわりが強い! その分こちらとしてもワクワクします。

 

 

一般的に、例えば設計、インテリア(収納棚)などのように、家具設計とおうちの設計は分離して考えられるのが通常ですが、

それらを使用目的に応じてすべて設計していくのは、オリジナルです。

 

もちろんコストを最優先してこれなら既製品がございます、という提案もしていきますので、すごいお客様にとってはお楽しみが増えると思います。

 

個人的な意見ですが、私もワクワクしながらその空間を描いております。

 

 

練りに練り上げ、その空間を隅々まで想像でき、暮らしているイメージが浮かぶとわくわくしますよね。

 

ぜひ、選択肢に入れてみてくださいね。

では、本日はここまで、です。