スタッフブログ

住宅ローンのお話➈「専門用語について」2017.08.22

不動産部前島でございます。

住宅ローンのこれまでのお話の中で、

「瑕疵担保責任」

と当たり前のように書いておりましたが、

初めてお家を購入される方にとっては

何の言葉かよく分からないと思われます。

そういった言葉をこの場で簡単にご説明させていただきます。

まず、その「瑕疵担保責任」ですが、

(かしたんぽせきにん)と読みます。

瑕疵とは欠陥のことです。

売買の対象物に隠れた瑕疵(外部から容易に発見できないもの)がある場合、

売主が買主に対してその責任を負うことを言います。

例えば、土地の売買ですと地中に障害物が埋まっていた場合は、

売主はその責任を負わなければいけないというケースです。

そして、住宅ローンの借入を進めていくと、

必ず出てくる言葉として「団信(だんしん)」というものもございます。

団信の正式名称は、団体信用生命保険といいます。

住宅ローン専用の生命保険のことで、

住宅ローンの債務者がお亡くなりになられた時や、

高度障害になった時に、

ローンの残金の分の保険金が金融機関に支払われます。

このような言葉はたくさんあると思いますので、

時々立ち止まってご説明が出来ればと思っております。

次回は、金利のタイプのお話の「全期間固定金利型」をお送りする予定です。