社長ブログ

子育てマンション?2011.02.15

徹底した設計で差別化した、
1カ月で満室になった子育てマンション
に学びたいと思います。
 

5.jpg
エントランスから居室まで子育てに配慮
 

  
「子育て支援」を打ち出した賃貸マンション「ブローテ大倉山」
は募集開始から約1カ月で満室になったそうです。
  

子どもの成長に合わせた住み替えに配慮するなど
徹底した子育て支援で、周辺のマンションとの差別化を図ったそうです。
 
 

1.jpg
敷地の15%を中庭とし、広い中庭で子どもが遊ぶことができます

2.jpg
玄関脇にはベビーカーを置けるスペースがあります

3.jpg
中庭に面したキッズルーム 月に1回、入居者のパーティが開かれます

4.jpg
通路はベビーカーが通りやすいように段差なしで広めに設計
 

「長期的な事業収支を考えたとき、『子育て支援』というコンセプトがよいと考えたそうです」。
 

2010年8月に竣工した賃貸マンション「ブローテ大倉山」(横浜市)について、
こう語るのは飯田憲雄氏です。
 

同マンションの事業主であるピーオーリアルエステート業務部で、
当時企画・開発に関わったそうです。
同社はポーラ・オルビスホールディングス(化粧品のポーラ)の子会社だそうです。
   
管理に当たる東急リロケーションが10年8月に募集を開始してから、
約1カ月で全97戸の入居者が決まったそうです。(すごいっ!)
 
同社管理本部の安部恵美子企画部長は、
「これほどの勢いで入居者が決まったのは、当社が関わった物件でも珍しい」と、
“子育て支援効果”に驚いています。
 
 

先日もある研修で、「共稼ぎ家族」が以前に比べて増えていっているという中、
これからはマンションにしても住宅にしても、
子育て』という言葉が重要なキーワードになりそうですね。
   

 
 
 
・・ranking・・・
   「相変わらず苦戦しております。お情けのポチッとお願いします!」
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
お客様と共に“感動できる家づくり”を目指す
山際建設のホームページをご覧下さい。
山際建設2.gif
 
 
『家族でワクワク、家つくろう!』
 暮らしのスタイルから考える、こだわりの家づくり・・・
 【SUPER WALL STYLE】
スーパーウォールスタイル2.jpg
 
 
SW工法住宅が、
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック 2010」で優秀賞を受賞し、
4年連続受賞を果たしました!
「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック 2010」.jpg