社長ブログ

『住宅取得等資金の贈与非課税の特例』ってご存知ですか?2018.07.22

 

親や祖父母から住宅取得資金の贈与を受けた場合に

 

一定額まで非課税となる制度です。

 

一般住宅で最大700万円

 

( 基礎控除110万円を加えると最大810万円)、

 

「質の高い住宅」であれば最大1200万円

 

(基礎控除110万円を加えると最大1310万円)

 

が非課税となります。

質の高い住宅」とは、

 

次の①②③のうちのいずれかの性能を

 

満たす住宅となります。

①省エネルギー性の高い住宅

( 断熱等性能等級4又は

 

一次エネルギー消費量等級4以上)

②耐震性の高い住宅

 

(耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上

 

又は免震建築物)

③バリアフリー性の高い住宅

 

(高齢者等配慮対策等級3以上)

 

 

 

20歳以上で

 

その年の合計所得金額2000万円以下の人が、

 

直系尊属(親・祖父母)から

 

新築もしくはリフォーム資金の

 

贈与を受けた場合に、

 

贈与税の非課税枠が拡大されます。

 

 

当社では何軒ものお客様から、

 

節税対策として

 

この制度のご利用を依頼されております。

 

(当社の建築する新築住宅は、

 

簡単に「質の高い住宅」を

 

クリアすることが出来ます。)