スタッフブログ

『どでん』派新春黄金シリーズ第8戦 VS「麺屋 冽-RETSU-」選手2016.01.30

 
不動産部前島でございます。

かつての、大好きだった頃の

新日本プロレスの興業シリーズ名をお借りし、

ただ気になるラーメン屋さんに

行ってみるだけのこの企画。

「新春黄金シリーズ」は、

1月から2月にかけて行われていた

シリーズでございます。

今回の第8戦は、宮原にございます

「麵屋 冽-RETSU-」さんです。

DSC_0205

当社の佐久間さんと

一緒に行ったお店でございます。

注文したのは、

”極濃厚つけ麺大盛”。

DSC_0208

その名の通り、スープが濃厚で

美味しいつけ麺でございました。

女性の方も入りやすそうな、

実際に何人の方が入って来られていましたが、

良い雰囲気のお店でございます。

冽という言葉から連想されるのは、

「プロレススーパースター列伝」

でございます。

プロレスを題材にした漫画でございます。

父の執念!ザ・ファンクス編や、

なつかしのB・I砲!G馬場とA猪木編、

夢の英雄!タイガーマスク編等で

おなじみでございます。

プロレスの神様!カール・ゴッチ編

というのもありました。

ここで、プロレスの神様、

カール・ゴッチさんのちょっといい話。

時は、日本プロレスから

追放処分を受けたアントニオ猪木さんが

新日本プロレスを

立ち上げようとしていた頃の

話でございます。

猪木さんは、参加外国人選手の手配を

ゴッチさんに依頼しておりました。

ある日、ゴッチさんから

国際電話がかかってきます。

猪木:「ハロー、ゴッチさん!

で、どんな顔ぶれの大物レスラーを

寄こしてくれますか?」

ゴッチ:「それが…いいかイノキ、

冷静にきけよ

誰ひとりきみの新日本プロレスに

参加するのをオーケーしない

テレビ中継もない新団体では不安だ

それに新日本プロレスにあがったら最後

もう二度と日本プロレスに

よんでもらえんという」

猪木:「ウ~~~ヌ!!

日本プロレスのワル幹部どもが、

アメリカのレスラーたちに

手をまわし圧力をかけたな!」

ゴッチ:「どうやらそのようだが、

感情的になったら負けだぞイノキ

新日本プロレスの旗揚げ興業は

立派にやれるッ!

一人の超大物レスラーが日本へ行き、

きみと戦うからな!」

猪木:「エッ…そ、その超大物とは!?」

ゴッチ:「わたしだよ

それともカール・ゴッチは

超大物ではないかな?」

猪木「ゴ…ゴッチさん!!!」

う~ん。

感動です。

わたくし、

この話が大好きでございます。