スタッフブログ

『どでん』派 「ダンベル」のお話2015.12.09


不動産部前島でございます。

わたくしが若かったころの話でございます。

体を鍛えていた時期がありました。

当時、3キロの鉄アレイをよく

使用していたのですが、

もう少し体に負荷をかけたいと思いようになり、

他にどんな器具があるのかと

ドンキホーテさんへ見に行ったのです。

スポーツ用品売り場には、

3キロ以上の鉄アレイもあったのですが、

そこで目についたのが『ダンベル』です。

resistance_a11

棒状のシャフトと大小の円状のプレートから

出来ているそのダンベルは、

最大10キロまで調整が可能でした。

値段も二つで5,000円ぐらいでしたので、

「これは良い!!」

とすぐに買うことを決めました。

ダンベルはそのままの形状で

販売されている訳ではなく、

薄手の段ボールの箱の中に分解されて

入っております。

表には筋肉もりもりの外国人の方が

ダンベルを持っている写真が

掲載されております。

その薄手の箱を二つ、

レジに持っていきました。

店員のお兄さんは、

まさかその箱がひとつ10キロもするものだとは

思っていなかったようでございます。

片手で持ち上げようとした瞬間、

体が逆に引っ張られておりました。

「うっ!」

と言っておりました。