スタッフブログ

『どでん』派の苦悩2015.08.09

 
学校の校庭に犬が入ってくると、

気持ちが高ぶる…

でおなじみの不動産部前島でございます。

昨日8日の夜、当社の伊部くんと

さいたま市緑区の『どでん』さんに行きました。

DSC_0401     DSC_0402

いつものように、ラーメン小と黒ウーロン茶を

注文したのですが、

食べている途中も、

食べた後も何かしっくりきません。

これまでような、衝撃であったり、

満足感、幸福感などが

あまり感じられないのです。

わたくしが食べ慣れてしまったのか!?

お店の味が変わってしまったのか!?

それとも、もう

『どでん』派

でなくなってしまったのか…。

それはまるで、映画「デイズ・オブ・サンダー」で

主演のトム・クルーズ演じるストックカーレースの

ドライバー、コールがレース中の事故により

本来の力を発揮出来なくなり、

レースに恐怖を感じ、

レーサーとしての人生を終えようとする…

そんなストーリー展開に例えられます。

わたくしは悩みました。

本当に悩みました。

すると、答えはあっけなく出ました。

その日のお昼もラーメンで、

夕方お菓子を食べたからでした。

「どうりで、いつもと違う訳だ…」

わたくしは右手でこぶしをつくり、

左手のひらをポンッとたたきました。