スタッフブログ

小江戸(川越)の蔵造の街並み2020.05.01

 

こんにちはー(^^)

 

伝統工法の建築物に目がない伊部です!

 

今日は小江戸と呼ばれる川越の蔵造についてです。

 

 

まず蔵造ですが

日本の伝統的な建築様式の一つで

骨組みは木造

外壁は土壁として漆喰などで仕上げられた造りになります。

 

土壁ですので、防火や調湿にとても優れた造りです。

冷蔵庫が無い時代の保管庫?みたいな役目でしょうか?

冷蔵庫の文字にも蔵という文字が入っていますしね!

 

と勝手ながらに思いこんでいたのですが...

 

実際には

耐火目的で建築されたことが多かったようです。

 

明治時代に起きた川越での大火事があり、

川越の町が3分の1も焼失しました。

そのことから、防災意識が高まり、

川越では、蔵造が好まれ、

蔵造の街並みが形成されていった

という背景があったようです。

 

 

 

それにしても

昔の人の知恵と技術は半端じゃないですね!

 

より良い住宅を届けるために

これからも知恵と現代技術の

追求に励みたいと思います。

 

でわでわ~(^^)/