スタッフブログ

大正ロマンな建築2018.11.11

こんにちは小島です(*^^)/

 

先日、東京駅に行ってきました。

 

丸の内口、駅前広場の工事が終わってからの初東京駅

 

もちろんカメラを持って……ε=ε=ε= ヘ(*¨)ノ

 

 

かっこいい~~~ですよね\(*^▽^*)/

 

設計はあの辰野金吾

辰野金吾さんは以前行った麹町の赤坂プリンスホテル旧館を設計した

ジョサイア・コンドルの日本人弟子です(^-^)

 

赤いレンガが印象的ですが、このレンガ、

建設当初は埼玉の深谷市のレンガを使っていたそうで

勝手に埼玉同士の親近感が沸きます(*^▽^*)

(今は深谷市のものかはわかりませんが……)

 

 

↑丸の内方面の改札から出ると、駅舎正面に出ることができます

この改札口もまたきれい。。。おしゃれでかわいいですよねヽ(*’0’*)ツ

 

 

昼間はこれはこれできれいですが、夜になるとライトアップされるので、

日が暮れるまでお土産を見ながら待ちましたo(^^o)(o^^)oワクワク

 

 

ジャン♪♪

 

やっぱり夜はきれい~~~(≧∇≦)

夜になると同じようにカメラを持っている人がちらほら増えていました

 

 

昼間と同じ構図で撮ってみたので、比べると少し面白いです!

 

 

↑正面アップ

 

とってもとってもきれいでした(゚▽゚* )

装飾が細かいのにも関わらず、ごちゃごちゃ感はまったくなく……

後ろにビルが見えなければ正に大正時代のようです。

 

 

こういった大正ロマンな建物が好きで見ると

テンションが上がります(* ̄∇ ̄*)

結構、お好きな方多いのではないでしょうか?

 

 

↑駅舎正面を背にして撮ったビルの夜景がこんな感じ

真ん中まっすぐ先は皇居へと続いています。

 

この風景がものすごくきれいで、海外にいるかのようでした(o^-^o)笑

 

東京駅、川口からも近いので、皆様もぜひ行かれてみてはいかがでしょうか!

ここまで読んでいただきありがとうございましたヾ(*’-‘*)