大きく住める小さな住まい

敷地が狭いと思って諦めてませんか?夢のマイホーム

こんな方は山際建設におまかせください

20坪(66m2)以下の土地の方
20坪(66m2)以下の土地の方!
狭小地に明確な定義はありませんが、一般に約20坪(66m2)以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれています。
狭小地(旗竿地)の方
狭小地(旗竿地)の方!
一般的に狭小地(旗竿地)と呼ばれる土地には重機が入らない為、人の力を使い作業を行います。ハウスメーカーや工務店によっては、狭小地(旗竿地)は避けられます。
小さく建てて豊かに生活したい方!
小さく建てて豊かに生活したい方!
狭小地と呼ばれる土地は、通常の土地と比べて坪単価が安く、その分住宅にお金をかけることも出来ます。
川口エリアに多い狭小地
川口エリアに多い狭小地

川口で、土地のご購入から新築をご検討されている方は小さめの土地が多いと思われた方も多いのではないでしょうか?

川口市は荒川を越えれば、東京都という立地。弊社のある、埼玉高速鉄道・鳩ヶ谷駅からは、地下鉄南北線直通「後楽園」、「麻布十番」など都心とダイレクトに結ばれ、東京都内へのアクセスが便利です。そのため、川口・鳩ヶ谷エリアでは、近年、新築も多く建てられ、大勢の人が暮らすベッドタウンとして発展してきています。

昔から慣れ親しんだ川口に住みたい!都内へのアクセスのいい川口に住みたい!とお考えのお客様。川口によくある狭小地でも、素敵な家は十分に建てられます。

狭小地だからこそできる素敵な家という考え方

広い敷地であれば何も問題がないことでも、狭小住宅となると、工夫を凝らす必要が多くなります。

採光・通風・収納・開放感の演出など、狭いが故に不自由になりがちな短所を、快適に暮らせる長所に変える、
狭さを感じさせない設計・デザインが必要です。

山際建設では、狭小住宅でもお客様の夢をカタチにするという考え方を大切にし、そこで生活するお客様にどんな生活をしていただきたいかをしっかりと考え、狭小だからこそできる充実した空間造りを提案しております。

狭小地だからこそできる素敵な家という考え方

ハウスメーカーが避けたがるのが狭小住宅

住宅地の中の狭小地などは、重機やトラックが入らないこともあり、材料の運搬を人の手で行う必要があります。
 体力がいる作業で通常よりも人件費が高くなりますが、実際に施工する住宅は狭小のため、住宅の販売金額としては安くなってしまうというデメリットがあり、大手ハウスメーカーでは敬遠されることもあります。
 
山際建設では、川口地域に多い狭小地での家づくりにおけるノウハウや自社大工による豊富な経験を活かし、様々な工夫をこらしてお客様の夢をカタチにしていきます。

山際建設の狭小住宅施工事例はこちら