社長コラム・ひとり言

感覚の問題2013.06.27

うちの大工や協力業者さんさんに「家のデザイン」の話をする事があるのですが、

時々ピントがずれてしまうことがあります。好みもあるとは思いますが、

「感覚の問題」だと思います。

 

色の付いてない文字なのに色が付いて見える人がいる。これを共感覚という。

また、音声に色がついて見える人や、円周率の数列に美しさを感じる人もいる。

そもそも【感覚】とは、目・耳・鼻・皮膚・舌などが

身体の内外から受けた刺激を感じ取る働き。

 

また、感じ取った色・音・におい・温度などで、

「色彩感覚」、「感覚が古い」、「新しい感覚の服」などの言葉として使われます。

 

デザイン感覚はすぐに身に付くものではなく、

色々と見て、体験して、徐々に磨かれてくるものだと思います。

わたしが考えている『やまぎわのデザイン住宅』を

【Team YAMAGIWA】として、みんなで共有できるように考えていきたいと思ってます。

 

五感:視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚

 

感覚の問題