社長コラム・ひとり言

かわいいお家2011.04.28

先日妻と、「リサイクル雑貨店」を巡っている時に見つけた木片からできている『かわいいお家』です。

 

かわいいおうち

 

値札が3,000円と書いてありましたので、「買おう!」と思いレジに持っていき、

「これ、5コで3,000円ですか?」と尋ねると、

店員さんが「あの~、8,000円なんですけど」と申し訳なさそうに答えました。

「何でそんなにするのか、僕にもわからないんですよね~」と続けました。

「8,000円じゃ無理」と思いその店を出て、近くのお店で買い物をしているうちに、

どうしても先程の『かわいいお家』が気になって、頭から離れなくなってしまいました。

妻を説得し、もう一度先程の店に戻り、8,000円を出して買う決意を固めました。

先程の店員さんが恐縮がって、7,000円にしてくれました。

実はこのお店は、某ハウスメーカーと下取りの契約を結んでおり、

展示場撤退に伴う「流れ品」だそうで、〔定価〕はなんと!

35,000円だそうです。

(よく見ると、それくらい価値のある物に見えてきました。)

 

「芸術の春だな~」