社長ブログ

芝浦工大の学生有志団体、四国の古民家再生プロジェクトを学祭で発表2015.10.17

続けて母校の話しになってしまうのですが、

芝浦工業大学(東京都江東区)の建築系学生らが組織した

有志団体「木沢の『わ』プロジェクト」は、

豊洲キャンパスで11月6日~8日に行われる大学祭の中で、

徳島県での古民家改修プロジェクトについて展示発表します。

同プロジェクトは、

徳島県那賀町木沢地域で空き家となっている

築146年の古民家を再生する事業で、

「那賀町地域おこし協力隊」の桑高 仁志氏から

設計と施工を請け負っています。

LL_img_77583_1

学生が製作した古民家の設計模型

2014年12月の現地視察に始まり、

学生たちはこれまで延べ22日間にわたって同地域に滞在し、

地域住民との交流を重ねながら信頼関係を築き、

設計や施工を協同で手掛けてきました。

建物の完成は2016年4月の予定です。

2014年度に静岡県東伊豆町の空き家をリノベーションし、

地域の交流拠点にした実績が評価されて依頼を受けたそうです。

「後輩たちの頼もしい活動に、嬉しい想いがします。」